トップ ハウスクリーニングガイドについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

ハウスクリーニングガイドハウスクリーニングと生活 > ハウスクリーニングの今後

ハウスクリーニングの今後

ハウスクリーニングの今後の画像

ハウスクリーニングを業務とする企業・団体は、まだまだ発展途上と言えるでしょう。もっとも古いハウスクリーニング業者でも、創業70年とその歴史はまだ浅いものです。やはり、「清掃・お掃除は一家の主婦がやるもの」という、固定概念が日本の時代背景にあったからと思われます。

しかし、現代の生活スタイルは、昔とは比べ物にならないくらい激変しました。ハウスクリーニングという産業が発展してきた訳は、女性の社会進出・少子高齢化など、現代の日本社会の問題の影で、必要とされてきたからではないかと考えます。

しかし、それぞれのハウスクリーニング業者が、サービスの種類・質・内容について、様々なお客様のニーズにあった商品を提供できるように、企業努力をしているのにも関わらず、ハウスクリーニング業界全体としてのサービスに関する資料やデータが不足しているように思われます。

ハウスクリーニングを依頼したいと思ったとき、まず、ハウスクリーニング業者はどこにあるのか・依頼先をどのように選択したら良いのか・料金形態についてと、様々な問題が生じてしまいます。

ハウスクリーニングの歴史は浅いとはいえ、ハウスクリーニング業者は増え続けています。もちろんハウスクリーニングのサービスを利用したいと思ってる方も増え続けています。企業努力をしているハウスクリーニング業者も多い中、需要と供給のバランスが保てる業界に成長してもらいたいものです。

ハウスクリーニング業界の歴史はまだ浅く、発展途上の業界と言えるでしょう。ハウスクリーニングと聞いてその認識度は低く、まだ成熟しているとはいえません。ハウスクリーニングは分かりにくいという印象もあるようです。

しかし、少子高齢化や女性の社会進出など、日本社会において、ますます生活環境は変わり続けています。生活環境の変化によりハウスクリーニングや家事代行を必要とする方も、今後ますます増えていくのではないでしょうか。そんな時代の流れの中、ハウスクリーニング業界も、環境を整え、誰にでも分かりやすく手軽に利用できるサービスに成長してもらいたいものです。

ニュース等で主婦業の年俸換算について耳にしたことはありませんか?アメリカの人材情報会社サラリー・ドット・コムの試算によると、主婦がこなす家事労働は年俸約1600万円とも、約1200万円に相当するといわれています。主婦業の労働時間は週92時間とも。

ここまでとは言いませんが、主婦業で実際お給料が支払われるのならば、大変驚きな内容です。ともすれば、ハウスクリーニング業がこれだけの利益を生む可能性がある産業だと考えてもいいのかも知れません。


ハウスクリーニングガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。