トップ ハウスクリーニングガイドについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

ハウスクリーニングガイドハウスクリーニングの手法 > ハウスクリーニングと道具

ハウスクリーニングと道具

ハウスクリーニングと道具の画像

昔ながらのハウスクリーニングの道具といえば、雑巾です。雑巾は、水拭き・から拭きと、今の時代にもハウスクリーニングには欠かせない必須アイテムです。雑巾は、場所を選ばず、どこでも使え、とても重宝なハウスクリーニングの道具です。

昔から雑巾は、使い古しの布または、タオルを縫い合わせて使われていました。しかし、縫い合わせて使うより、そのままの状態で雑巾として使うほうが効率も良く、衛生的だということです。確かに、タオルや布などを縫い合わせたほうが丈夫かもしれませんが、雑巾として裏と表しか使うことができなく、すぐに汚れてしまい、汚れた雑巾で拭き続けることは衛生的にも良くありません。油汚れなど雑巾に1度染み込むと、洗っても落とすことはできなくなります。また、縫われた雑巾は、厚みが増し、水が絞りきれなく、水拭きしてもビチョビチョになってしまいます。

ですから、雑巾は、一枚の状態で折って使い、汚れたらたたみ直し、ある程度汚れてしまったら、雑菌の繁殖も心配なので、捨ててしまうほうが良いそうです。

そう言った理由から、最近、新品のタオルを雑巾に使用している方もいらっしゃいます。また、新品のタオルで販売もされています。きれいなタオルを使用するのは気持ちの良いものですが、実は新品のタオルの雑巾は、機能はあまり良くありません。

新しいタオル・布にはある程度の油分も含まれ、水が染み込みにくいという欠点があります。それに、繊維がまだしっかり残っていて、毛羽立ちやすく、返って埃の原因になってしまいます。ですから、雑巾には、使い古しのタオル・布が適しているということを覚えておいて下さい。タオルは生活必需品で消耗品です。どこの家庭にもあるものです。リサイクルのことも考え、タオルとして捨てる前に、雑巾として蘇らせハウスクリーニングしましょう。

また、台所やお風呂、そしてサッシのレールなどにとても重宝するのは、使い古しの歯ブラシがとても有効です。ショッピングセンターなど、色々な種類のブラシ類が販売されていますが、細かな箇所にも届く歯ブラシが一番使い易いものです。

歯ブラシも生活必需品です。歯ブラシとして使えなくなったら、捨てる前にハウスクリーニングの道具として蘇らせましょう。


ハウスクリーニングガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。