トップ ハウスクリーニングガイドについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

ハウスクリーニングガイドハウスクリーニングの基本 > ハウスクリーニングの種類

ハウスクリーニングの種類

ハウスクリーニングの種類の画像

近年、ハウスクリーニングの業者は急増しています。その中から、自分が望むハウスクーリーニングをしてくれる業者を探し出すことは、とても骨を折る作業ではありませんか。そこで、円滑にハウスクリーニング業者を決定するするために、まず、自分が望んでいるハウスクリーニングの種類を知っておきましょう。ハウスクリーニングの種類は大きく分けて2つあります。「専門技術型ハウスクリーニング」と「家事代行型ハウスクリーニング」です。

【専門技術型ハウスクリーニング】

・エアコン・キッチン・外壁など、日常の清掃ではなかなか落としきれない汚れを、高度な技術でクリーニングしてくれる作業です。専門性も高く、主に男性スタッフが派遣されることが多いようです。気になる場所を徹底的にきれいにしたい、そう思っている方にお勧めです。

【家事代行型ハウスクリーニング】

・毎日のお掃除などを、忙しい私たちのため代行してくれる、ハウスクリーニングです。 最近の主婦の皆さんは、家事労働だけでなく、仕事や、子育て、親の介護など、一区切りでは括れない生活を送っています。そんな方たちのためにちょっとだけ、家事労働をしてもらう。そんなハウスクリーニングです。このタイプは、清掃だけでなく、買い物・ベビーシッター・留守番など、ソフトな作業なため、主に女性スタッフが派遣されることが多いようです。

また、最近では、専門技術型ハウスクリーニングと家事代行型ハウスクリーニングを複合して行っているハウスクリーニング業者もあります。どのハウスクリーニング業者に依頼するか、まず、どんなハウスクリーニングをして欲しいのかを考え、時間とお金を無駄にしないように、ハウスクリーニングのタイプを確認し、依頼しましょう。

ハウスクリーニングの作業は大きく分けて2つあります。「専門技術型」と、「家事代行型」です。専門的な高度な技術で汚れを徹底的に落としたいハードタイプが、「専門技術型ハウスクリーニング」です。面倒な家事の代行をしてもらいたいソフトなタイプが「家事代行型ハウスクリーニング」です。どちらも依頼から作業終了までの流れはほぼ同じです。

1:見積もりを依頼する。

2:見積書を作成してもらう。

3:見積書の内容確認と検討をする。

4:契約を申し込む。

5:契約内容に基づき作業してもらう。

6:作業内容に不備が無いか確認の上、後日清算。


と、このような流れになります。大体のハウスクリーニング業者は後払い制になるので、作成された見積書はとても大切です。

そこで、1つのハウスクリーニング業者の見積もりだけでなく、何社かのハウスクリーニング業者に見積もり依頼しましょう。照らし合わせることは、とても大切です。ハウスクリーニングの作業内容や料金の違いもあります。このハウスクリーニング業者の作業時間が早くて安いと思い契約をしたが、実際の作業手順・内容がずさんだったなんて、お金の無駄です。

作成された見積書の内容をしっかり確認し、実際の作業手順・時間と料金が納得した上で、信頼できるハウスクリーニング業者と契約するようにしましょう。


ハウスクリーニングガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。